土地売却は、相見積もりを受けましょう!

土地を売却するときは誰しもが高く売りたいと考えるはずです。土地は100円ショップで購入できる品物とは違い、売買価格は非常に高額です。しかし、土地売却時には安く買いたたかれると、数百万円も低い金額で手放さなければいけないこともあります。

このため安売りすることなく、高く売れるように相見積もりを受けましょう。ここでは相見積もりのメリットと気をつけること、おすすめの相見積もりを受ける方法を紹介します。

不動産会社によって提示する価格が異なる

一般的に土地を売却するときは不動産会社と媒介契約をする方が大半です。このとき、見積もりを受けて土地がどれくらいで売れるか不動産会社から査定額を提示してもらいます。しかし、不動産会社によって査定額は異なり、同じ土地でも数百万円の差がつくこともあります。

場合によっては1千万円単位の差がついたといったケースもあるようです。不動産会社が査定をするときは、会社が取引した不動産や条件が近い物件などから会社独自に金額をはじき出します。このため、当然算出される金額は違います。

また、不動産会社は他社よりも安く買いたいと考えており、このため土地売却の際に提示される価格が適正な価格かは1社から見積もりを受けただけではわかりません。

500万で土地を売ったときの税金はどうなる?土地の売却にかかる税金を知ろう!

高く売れる可能性が高まる!相場価格を把握できる!

上述したように不動産会社の提示する査定額には差があるため、相見積もりを受けることをおすすめします。相見積もりを受けると、より高く土地を売れる可能性が高まります。土地の売買の際、買い手は安く買いたいと考えており、売り手は高く売りたいと考えているものです。

このとき参考にするのは不動産会社が提示している価格です。買い手はこの金額からどの程度安く買えるかを考えて交渉を売り手に挑んできます。このため、最初に提示する金額が低いと、それよりも高く売れる可能性は低くなってしまいます。「参照 - 不動産売却一括査定.com - 土地査定無料

提示されている金額が低く自分の希望価格と開きがある場合、より高く売るためにはかなりの交渉力を必要とするでしょう。したがって、土地を高く売りたいなら、最初に提示する金額を高く設定する必要があります。

ところが相見積もりを受けると、より高い提示額をつけられる可能性が高いです。相見積もりで複数社から査定を受けてみます。不動産会社の査定額には開きがあるので、複数社すべてが同じ金額を提示するということはほぼありません。

このため、比較をすると複数社の中から一番高い金額を提示する会社を選べるようになります。

最初に提示する金額が高ければ値引き交渉で多少サービスをして値下げをしたとしても、安値で売ってしまうといったことは避けられるでしょう。相見積もりを利用すると、相場の適正価格も把握できます。提示される平均が相場価格だと認識できるでしょう。

また、最低ラインも見えてくるはずです。

不動産会社1社の見積もりを受けただけではこうはいきません。それに、不動産会社としては複数社から土地の査定を受けていると知れば、他社に取られないようにとより高い金額を提示してくることも期待できます。相場価格を把握しておくと、少し高めの値段をつけて勝負をするといったこともできるでしょう。

ただし、相見積もりを受けて、あまりにも高い金額を提示してくる会社には気を付けなくてはいけません。顧客を逃がさないように最初に高い金額でお客さんを引き寄せる悪質な会社も存在しています。契約を結ぶ段階や売却を任せる段階になって、いろいろと理由をつけて価格を引き下げようとしてくる会社もあります。

不動産会社の査定額に開きがあるとしても、プラスマイナス5%ほどなので参考にしてください。

早く売れる可能性も高まる

相見積もりを受けると早く売れる可能性も高まります。土地を売却する際はその価格が高ければ売り手にとって得になるのですが、ただ高かければいいというものでもありません。土地が適正な価格から外れていると、なかなか買い手は現れないでしょう。

買い手がつかないと、土地がいつ売れるか予測もつきません。相見積もりで高い査定額をつけている不動産会社を見つけるといっても、それは市場の適正価格に基づいたものです。このため、相見積もりで相場価格を反映した価格で売り出すと、買い手も現れやすく早く売れる可能性も高まります。

査定を受けて他の売却方法を選択するにしても、適正価格を把握してその範囲内で売却すると早く買い手が見つかるはずです。

家や土地を売却する場合の流れとは?

相見積もりを受けるときは

相見積もりを頼むときは3社以上査定を頼みましょう。不動産会社にも得手不得手があり、所有する土地の売却を苦手としていることも考えられます。おすすめなのは5、6社の査定を受けてみることです。分母の数が多いほど、比較はしやすいです。

また、名の知れた大手の不動産会社にだけ査定を頼むのもいいのですが、地域密着型の地元にある不動産会社の査定も受けてみるといいでしょう。地域に密着しているため、その会社しか知らない情報やパイプを持っていることもあります。

大手と地域密着型の不動産会社を混ぜて相見積もりを受けてみましょう。このように、相見積もりを受ける方法は1社ずつ自分で見積もりを頼む方法もあります。しかし、これでは会社ごとに申し込みをして、査定を受けなくてはいけないため時間もかかり非常に面倒です。

土地を売却した時にかかる税金とは?特例はある?

不動産一括査定サービス

そこでおすすめしたいのが、不動産一括査定サービスです。不動産一括査定サービスには全国の不動産会社が加盟しており、さまざまな会社の査定が受けられます。オンライン上から申し込みをして査定を受けられる便利なサービスです。

料金も無料で何度でも利用できます。査定を受ける方法は必要な項目を入力するだけと非常に簡単です。所要時間は10分程度で、すぐに査定額も提示されます。不動産一括査定サービスを利用したからといって、必ずその会社に売却しなければいけないということもありません。

売る気はないけれど、相場価格を知るためにちょっと利用してみようといったこともできます。もちろん納得のいく査定額を提示する会社に土地を売却しても構いませんが、不動産一括査定サービスは全国の不動産会社が加盟しているため、査定を受ける会社を自分で選ばなくていいのもメリットです。

不動産の知識がない人は会社選びでつまづいてしまいますが、そのような心配も不要です。加盟している不動産会社は運営がしっかりと審査をしているため、おかしな会社が紛れ込んでいることはありません。評判が悪いとサービスから排除されます。

土地を売却したときに国に支払う税金と控除